PDFを、Excelに変換するということはよくあると思います。

私は、実務ではそんなに使いません。

しかし、最近、必要に迫られて、既存の知識を利用して、整形してみました。

 

スポンサーリンク

PDFをExcelに変換した後の問題

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、PDFをExcelに変換したのちの、問題です。

さすがに、VBAで、PDFをExcelに取り込むということはしません。

それは、PDFのページ数が多いからです。

書籍なので、VBAで実行しても、途中で、停止すると思います。

しかも、VBAで、PDFをExcelに取り込めるか、どうかもわかりません。

Pythonを利用すればできそうな気もします。

PDFを、Excelに変換するソフトは、結構ありますよね。

何を利用するかという問題はありますが、私は、Wondershare PDFelementを利用しています。

無料でも利用できますが、スタンプが入ります。

永久ライセンスを購入しましたが、使い方に関しては、難しくありません。

しかし、Excelに取り込んだけど、その後は、どのように整形するのかという問題です。

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • PDFのデータを、Excelに取り込みしたい人
  • PDFのデータを、Excel等で、有効活用したい人
  • VBAを勉強している人

このブログを、読み終わるころには・・・・

このブログの結論
世の中は、ペーパーレス化の時代です。
紙を利用する前に、データを有効活用しましよう。
結局、しおりを利用するより、ハイパーリンクを利用する方がはるかに便利だということがわかります。
スポンサーリンク

VBAで、整形する

 

VBAや、プログラム全般に言えることですが、便利だと実感がわかないと、勉強しません。

なんでもそうですが、面白いという気持ちが大切です。

今回の題材は、司法書士試験の過去問です。

予備校から、配布されるPDFのテキストを、もらってもどうしようもありません。

なので、これを、使いやすいように、アレンジします。

特に難しいVBAは利用しません。

今まで、動画、ブログで紹介した内容で、アレンジします。

 

VBAで整形する 作業手順 その1 PDFをExcel化した状態

 

こんな状態になっています。

セルの中に、丸ごと、問題が記載されています。

また、答えは、次の、シートに記載されています。

Naosuke
こんな感じです。
いつも、思うのですが、問題を左、解答を、右にすれば、効率よい勉強ができると思うのは、私だけでしょうか?
過去問は、解くものではなく、読むものだと思います。

 

しかも、シート数は696です。

人海戦術では、やってられません。

 

VBAで整形する 作業手順 その2 問題文の横に回答を転記する

 

 

スポンサーリンク

とりあえず、こんな形にしたいと思いました。

問題は、Table 7にあります。

解答は、Table 8のRange(“A2”)にあります。

解答を、Table 7のRange(“H5”)に転記をしたいと思いました。

このような場合には、ループを利用します。

For~Next構文です。

上記のコードで、アッという間ではありませんが、1分ほどで転記が完了しました。

特に、難しくはないと思います。

3年前くらいに、数値型の変数には、数字を足すことができるんだと、感動したことが、記憶に新しいです。

 

VBAで整形する 作業手順 その3 問題文と、解答を整形する

 

1つのセルに、問題文も、解答があってもどうしようもできません。

このまま利用するには、拷問に等しいです。

だから、問題と解答を、セルに転記します。

1問ずつ、コピーして、貼るなんてことはません。

Split関数を利用します。

つまり、vbLfで、区切られています。

特定の文字で区切られているなら、Split関数の出番です。

 

このように、問題文と、解答が、セル毎に格納できました。

読みやすいですよね。

 

VBAで整形 作業手順 その4 なぜ整形したのか?

 

それは、もちろん、ACCESSに取り込むためです。

1問ずつ、ACCESSに入力することで、その問題をデータベース化できるからです。

一旦、ACCESSに格納してしまえば、後は、いかようにも、自由自在に、データを扱えるからです。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
入力規制は、絶対に必要です。会社で、利用するVBAは、もっと適当に書いています。
会社で利用するコードは、使い捨てが多いです。
とりあえず、やりたいことが実現できれば問題ないからです。
このように、サクサクっと、カンタンなコードが記載できるようになると、あなたのVBAのスキルは、中級なのかなと思います
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

 

まとめ

 

今回は、競馬以外で、どのように利用するのかを紹介しました。

最近は、競馬も、データが築盛してきたので、データを利用して、予想するのが楽しいですね。

試験問題も、データ化することで、分析が可能になり、弱点を知ることができます。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回のサンプルファイルは、No289です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事