私は、DIR関数を利用したことはありません。
しかし、田中先生が、DIR関数は、実務でよく利用すると仰っていました。
DIR関数について説明をします。

スポンサーリンク

箱の中身はなんだろな?

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。
フォルダの中に、ファイルが存在するかの確認は、DIR関数を利用します。
正直、私自身は、1度も利用したことがありません。
しかし、田中先生が、実務で利用するというなら、多分、利用するんだと思っていました。
私自身も、どうしても、DIR関数を利用する場面が、最近あったため、DIR関数を利用することにしました。
検索すると、様々なファイル名を取得するこができるようです。
今回は、ファイル名に特化した内容で紹介します。

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • フォルダのファイル名を知りたい人
  • ファイル確認で、フォルダを開くのが面倒な人
  • VBAで任意の名前のファイルがあるかどうか調べたい人>

このブログを、読み終わるころには・・・・

私自身、DIR関数をどうしても利用する状況になりました。
今回は、ファイルの存在を確認する方法です。
Functionを利用しなくても、できますが、できるだけ可読性を高めるためFunctionを利用しました。
スポンサーリンク

DIR関数

定数詳細
vbNormal0標準ファイル(既定値)
vbReadOnly1読み取り専用ファイル
vbHidden2隠しファイル
vbSystem4システムファイル(Windowsのみ使用可)
vbVolume8ボリュームファイル(Windowsのみ使用可)
vbDirectory16フォルダ
vbAlias64エイリアスファイル(Macのみ使用可)

Dir関数は、パス名で指定したファイルが存在した場合に、そのファイルのファイル名を返す関数です。

今回は、標準ファイルのみを説明します。

隠しファイル等は検索しないほうがいいです。

人には、知らなくていいことがあります。

私の2番目の上司が、隠しフォルダ、隠しファイルが好きでした。

見られて困るなら、フォルダに権限を付ければいいのにと思うんですけどね。

 

DIR関数 作業手順 その1 Functionで設定する

 

では、Functionで設定します。

刀の試し切りではないですが、知識を得たら、忘れないうちにアウトプットするのが重要です。

セルに実装する場合は、カウントアップを利用します。

Naosuke

※伊川の失敗談

ここで、For~Nextでループを利用しようと思い深みにハマったことがあります。

動くことは動いたような気がしますが、はっきり言って、コードを見なおしたときに、腑に落ちない状況が続きました。

 

DIR関数 作業手順 その2 Functionを呼び出す

今回紹介したコードは、VBEの画面を開いて、ドライブ、フォルダ名を変更しなくてはなりません。

それが、面倒なら、変数で指定する方法もありますね。

セルC1にパスを入力しておけば大丈夫となります。

DIR関数 作業手順 その3 そのコード、もっと便利に!

VBEにフォルダパスを記載するとか、セルにフォルダパスを記載するとか、普通はあり得ないです。

ダイアログボックスでフォルダを指定します。

これが、本当のシステムになるのではないでしょうか?

現実的にエンドユーザーが便利と思えるシステムを作成しましょう。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
DIR関数ですが、利用したことがないとは言っても、知識として知っておくことは重要です。
知識は荷物にならない。
この点を肝に銘じて貪欲にVBAの知識を身に着けていきましょう。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

 

DIR関数をどうしても利用しなければならない場面は、次回説明します。

お楽しみに!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回のサンプルファイルは、No254です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事