今までは、統計関数を利用して様々な統計手法を紹介してきました。

しかし、関数の名前は、長いし、統計手法も複雑でした。

Excelは、データ分析ツールというものが搭載されています。

ほぼ、クリックのみでExcelが、計算をしてくれます。

Excelデータ分析ツールで百分位数を使う

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回から、Excelのデータ分析ツールについて紹介をします。

Excelには、データ分析ツールというのがあります。

統計関数を知らなくても、統計学をしっかり理解していなくても、Excelが正しい数値を出してくれます。

こんなに便利なものがあるのかと思うくらいです。

いつものように、ありきたりな材料を使っても面白くないので、競馬をネタに紹介します。

やり方さえ覚えてしまえば、難しくないので、統計の知識を身に着ければ、本当の無敵のアイテムとなります。

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • Excelで統計学を勉強したい人
  • Excelのデータ分析ツールを利用したいと思っている人
  • Excelの関数に飽きた人

このブログを、読み終わるころには・・・・

データ分析ツールの使い方、初め方を理解できると思います。最初は、慣れるために、どんどんデータ分析ツールを操作しましょう。

順位と百分位数

この項目は、すでに、データ分析ツールの中に組み込まれています。

百分位数とは、全体の中での位置づけを表すものなります。

よく、テストの結果をモデルに使われることが多いです。

しかし、ここは、競馬ネタで紹介します。

たぶん、競馬がなければ、統計も、Excelも、ACCESSも勉強していないでしょうから。

では、データ分析ツールを使う準備をします。

データ分析ツールを使うための準備


データタブの中に、データ分析の表示のない人は、下記の作業をお願いします。

オプションを選択します。


アドインから、分析ツールを選択して、設定を選択します。


分析ツールにチェックを入れて、OKで閉じます。



スポンサーリンク
これで準備完了です。

順位と百分位数 作業手順 その1 データベース確認

 

 


このようなデータがあります。

過去5走で、馬がどれくらいのスピードで走ったのかを数字にしたものです。

数値が高ければ高いほど優秀な馬です。

順位と百分位数 作業手順 その2 
S指数_1を百分位数で表示する

順位と百分位数をクリックします。


このようなダイアログボックスが表示されますので、それぞれを埋めていきます。



これを関数で実装するのは、大変ですよね。

 

あっという間に完成しました。

これで、今、自分の立ち位置がわかります。

順位と百分位数 作業手順 その3 
ヒストグラムを描いてみる




あっという間にヒストグラムが完成しました。

順位と百分位数 作業手順 その4 
パレート図を描いてみる

パレート図とはなにか?

パレートの法則というのがありあす。

いわゆる「8:2の法則」とか言われています。

例)会社の総売り上げの8割は、2割の優秀な社員がたたき出す。

つまり、このパレート図を見るなら、スピード指数、70位~80位の馬を攻略しようということになります。

余談


数値が高くても1着ではありません。

この偶然の出来事、つまり、ランダムの要素を見抜けないと、競馬では勝てません。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
今回から、競馬を題材に、統計を紹介します。データ分析ツールを利用することで、面倒な関数の利用などが不要になります。こんな便利なツールを利用しないというのは、もったいないです。ぜひ、使いこなせるように頑張りましょう。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

集計は、Excelの関数、VBA、ACCESSに任せて、データ分析スキルを身につけましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
ネットや基本書で調べるはやめてください

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事