配列の要素を代入

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、配列の4回目です。

今までは、VBAエディタに配列の要素を書いていました。

今回は、ワークシート上の値を配列として扱います。




問題提起

(株)IKAWAの柄久 瀬瑠子(エク セルコ)は、配列を勉強しています。

ワークシート上の値を配列として扱えないかしら?





解決策

回答
sesuo2.jpg
もちろんできます。しらないだけです。ワークシート上の値を配列して扱いましょう。




ワークシート上の配列を要素として扱う

今まで、配列を使うには、配列を宣言していました。

宣言の内容を、コードして、エディタに書き込んでいました。

セルの値も宣言をすることによって、配列の要素となり、配列として扱えます。




ワークシート上の配列を要素として扱う 作成手順その1 データベース確認


セルA1~セルA5を配列として扱います。




ワークシート上の配列を要素として扱う 作成手順その2 コードを確認





伊川のつぶやき

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
このブログを執筆していて、思いました。VBAを覚えたての頃は、転記するのに苦労をしていました。

しかし、いったん、端から端までを配列として宣言したとします。

そうすると、転記は、めちゃくちゃ簡単になるのではないでしょうか?





 




まとめ

 

今回のまとめ
sesuko3.jpg
今回は、ワークシートの値を配列の要素として使いました。

明日は、SCHOOL OF VBAなのですが、今回の内容にも関係がありますので、

ぜひ、読んでください。

今回のサンプルファイルは、No98です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事