変数とは

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、具体的なサンプルがあるわけではないのですが、変数について説明をしたいと思います。

変数は、どのプログラムの言語を利用しても、必ず利用するものになります。

ここでは、変数の概念について確認してください。

変数を一言で説明することは難しいです

問題提起

 

(株)IKAWAの阿久 世子男(アク セスオ)は新人研修で下記のような質問を受けました。

変数を理解したいのですが、イマイチ理解できません。

どの様に説明すると理解できるだろうか?

解決策

回答
sesuo2.jpg
・変数は、文字の説明だけでは理解できないので、例題で説明するのがいいでしょう。

変数

変数は、VBAで使う変数と、方程式で使う変数とは少し意味合いが違います。

両社の相違点を理解しないと、VBAで利用する変数は、理解できませんので、先入観を捨ててください。

先入観を捨てるのが、VBAで変数を理解する第一歩なのです。

変数 上手い人のコードには、変数がたくさんある

上手いコードを記載する人は、必ず変数を使います。

なぜ変数を使うのか?

コードがコンパクトになります。

メンテナンスが楽になります。

この、コンパクトであり、メンテナンスが楽というのは、コードを記載する際に、かなり重要なことになります。

変数 変数の名前には決まりがあるのか? 初心者が挫折するポイント1

NETで、VBAを検索した場合に、色々な変数があります。

例えば、temp i j maxrow などです。

temp i j maxrow などは、開発者が勝手にきめたものなのです。

temp i j maxrow に、特に意味はありません。

伊川は、temp i j maxrow に意味があるのだろうと勝手に思い込んでいました。

自分で書いたコードの変数は、勝手に決めていいのです。

しかし、わかりやすい変数の名前にしておかないと、後で苦労しますので、ご注意ください。

変数 変数の型を覚えようとする 初心者が挫折するポイント2

変数には、型があります。

しかし、その型を憶える必要はありません。

型は、スキルがあがるにつれて勝手に理解していきます。

初心者であれば、

String(文字を格納する変数の型:問題ないのですが、Nullの処理が面倒です)

Integer(整数を格納する変数の型:伊川は、Longを好んで使います)

Double(小数点まで格納する変数の型:競馬予想などは、オッズが小数点で表示されますので必須の型です)

Variant(整数でも文字もで何でもありの型:VBAの処理速度が遅くなります)

この程度の知識で十分です。


型が一致しませんというエラーは、開発する際に、何度も見ました。

このエラーの原因は、数値型のLongと、文字型のStringを加算しようとしたので、エラーが出ました。

「あ+1」 この計算をExcelに押し付けたのです、Exxcelは、たまらずエラー返却したというオチです。

変数 変数と値が等しいと思ってしまう 初心者が挫折するポイント3

変数の書き方ですが、a=1 と記載します。

このときに、思い出してしまうのが、方程式なのです。

数学の癖が抜けなくて、aと1は等しいと思います。

つまり、犯人aの正体は、1であると考えます。


これは、ダメなのです。

少し、状況を変えましょう。

この状況を変えないと、a=a+1 という数式が理解できなくなります。


上の数式の答えは、4になります。

VBAでは、aに3を代入しているのです。

つまり、a=a+1 は、仮にaの値を3とするならば、3に1を加算していると読めます。

これが重要なポイントなのです。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
VBAのコードを記載する場合は、

変数と値をイコールとして考えるのではなく、変数に値を代入していると考える事が重要です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめ
sesuo6.jpg
今回は、実際のコードは使いませんでしたが、次回に、実際のコードを使って確認してみましょう。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事