あいまいな言葉で、文字列を変換する

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

本日は、ワイルドカードについて説明します。

ワイルドカードを聴いたことが無い人は、なにを言っているのか理解できないと思います。

すべてのデータベースに入力されている言葉は、整形されていることはありません。

「~のような」「~ではじまる」「~を含んだ」等、このような場合を想定して、クエリを操作します。

問題提起

 

(株)IKAWAの阿久 世子男(アク セスオ)は、上司から、下記のような依頼をされました。

iPhoneなら、OSは、IOS、それ以外なら、OSは、Androidというように、機種を振り分ける。

・Excelを利用しないで、ACCESSで作成すること。

携帯電話の機種はたくさんあり、OS別の振り分けは時間がかかりそうです。

なにか良い方法はないでしょうか?

解決策

 

回答
sesuo2.jpg
・ワイルドカードを使う
IIf関数で条件判定をする。

ワイルドカードってなに?


上の図のように、Xperiaが仲間はずれになっています。

このような場合は、ワイルドカードを使うとカンタンに抽出できます。

ワイルドカードを表にまとめる

種類ワイルドカードの意味
*0文字以上の任意の文字列
?任意の1文字
#任意の1けたの数字
[ ][ ]内の特定の文字

以上になりますが、ほとんどは、「*○○○*」というように使います。


データベースを抜粋しましたが、上の図は、iPhoneを含む文字しか入っていません。

ワイルドカードの使い方 iPhoneの場合


上の図のように、クエリデザインの、抽出条件に、


上の図のようになります。

大文字、小文字は関係ありません。

ワイルドカードは、「~を含む」で抽出するからです。

ワイルドカードの使い方 iPhone以外の場合



上の図のようになります。

ワイルドカードで、「~を含まない」という場合は、Likeの前にNotで否定します。


 

ここがポイント
Function8.png
みなさん、覚えていますでしょうか?不定詞の否定は、toの直前に、notをつけます。高校の英語の時間で習いました。ワイルドカードも同じで、先頭に、Notをつけると、「~を含む」が「~を含まない」になります。
スポンサーリンク

IIf関数とワイルドカードを組合わせて、各機種のOSを表示する




完成しました。

まとめ

今回は、IIf関数と、ワイルドカードの組合せで、文字列を変換しました。

1つの関数だけでなく、いろいろな技を組合わせて、みなさんのやりたいことを実現していきましょう。

 

サンプルファイルはNo30です

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事