ACCESSのクエリの紹介

今回は、ACCESSのクエリについて説明します。

主キーの設定が終わると、次はクエリが登場してきます。

クエリはACCESSの中で、一番重要な項目です。

VBA、関数よりも重要です。

問題提起

阿久 世子男(アク セスオ)は、ACCESSを業務で利用するため、クエリを使えるようになりたいと思っています。しかし、クエリとはなにか、いまいち理解していません。
クエリをどうやって勉強したらいいのだろうか?
スポンサーリンク

各種のクエリ

クエリに種類があります。また、書籍によっては、アクションクエリともいいます。

アクションクエリというと、また別のクエリかなと思いますが、そうではありません。

テーブル、クエリに、なにか変化を与えるものを、アクションクエリといいます。

国の集合体をEUといいますよね。

クエリの集合体をアクションクエリといいます。

選択クエリ


上の図のようなMT_データベースその2(データベース)があります。

これに対して、選択クエリを作成したいと思います。

ACCESSを操作してばかりのころは、クエリウィザードを利用したと思います。

初心者の有りがちなこと


このように、クエリウィザードで、適当に操作をします。


あれ?先ほどと同じシートができている・・・・・・・

これで、阿久 世子男(アク セスオ)は、わからなくなります。

しかし、クエリはSQL文というもので記載されています。

クエリを構成するSQL文
SELECT MT_データベースその2.[車種ID], MT_データベースその2.[メーカー], MT_データベースその2.[車種], MT_データベースその2.[ハイブリット], MT_データベースその2.[色検索], MT_データベースその2.[備考], MT_データベースその2.[代金], MT_データベースその2.[契約書番号], MT_データベースその2.[社員氏名], MT_データベースその2.[契約日時]FROM MT_データベースその2;

 

上の図のクエリは、上のような文章で作成されいます。

これが、テーブルとクエリの違いです。

つまり、テーブルとクエリは似ていますが、他人の空似なのです。


クエリの重要性について


クエリについては、簡単に、下記の記事で記載していますので、参考にしてください。

クエリは、データベースに関しては、非常に重要な役割を果たします。

データベースにデータを入れるだけでは何の意味もありません。

データをお好みで抽出できるところが、データベースが優れているところなのです。

・過去10年分の売上

・資格試験の過去問の整理

・会社の資金管理

・競馬のデータ管理

ACCESSはデータベースを作成して、そのデータから、クエリでデータを抽出するのです。


これが、ACCESSの一連の流れです。


上の図は、Excel的な考え方が非常に強いです。

だから、VBAや、関数の分野が得意な人は、理解が早いと思います。


上の図の部分は、ACCESSを知らないとできないことになります。

しかし、Excelとクエリが外見上、非常に似ているため、Excel的思考から脱却できないと挫折します。

結局、データを抽出しやすくするために、入力フォームでデータを整形するのです。

伊川に関しては、ACCESSで入力フォームを作成するのが、面倒なのです。

だから、データ入力のフォームはExcelでおこないます。

データをACCESSに転送します。

ACCESSのデータをExcelへ転送して抽出します。

抽出したデータは、ACCESSのレポートを使わず、Excelで行います。

http://keiyu.xyz/2019/10/13/access%e3%81%a8excel%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e5%90%88%e8%a8%88%e3%81%a8%e3%80%81%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84/

まとめ

さすがのExcelでもデータがなければ、何もできません。

データがなければ、Excelはただの電卓です。

データを加工するのは、ACCESSのクエリで行ったほうがはるかに便利です。

※今回は、サンプルファイルはありません

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事