VBAは、変数が、利用できるようになると、とても便利になります。

初学者の時は、決まり文句のように記載していました。

今回は、変数にIF構文を設定してみたいと思います。

スポンサーリンク

変数にIF構文を利用するときってどんなとき?

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

前回は、司法書士試験の問題を利用して、シート全体にマクロ実行ボタンを設置しました。

今回も、ルーティン業務を僕滅する内容です。

これも、実務の中で思いついたのですが、余りNETでは見かけません。

見かけないということは、需要がないと思います。

しかし便利なので、利用してみてください。

 

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • Excelで、VBAを勉強している人
  • IF構文の利用の幅を広げたい人
  • ルーティン業務を僕滅したい人

このブログを、読み終わるころには・・・・

このブログの結論
VBAの初学者頃は、IF構文を勉強すると思います。
プログラムは、条件分岐の繰り返しです。
しかし、IF構文の以外な利用方法が理解できると思います。

 

スポンサーリンク

IF構文と変数を組合わせるとき

 

変数は、便利なのですが、

Dim a as string このように、なんの疑問も持たずに記載していたと思います。

つまり、a という文字に、何かを代入するということです。

これが、変数の基本中の基本です。

なので、a=”伊川直助”とすると、aは、伊川直助をとう役割を果たすようになります。

私も、初学者の時は、フーンとしか思っていませんでした。

しかし、実務で、どうしてもやり方が、わからないときに、突然、閃いたことを紹介します。

 

IF構文と変数を合わせるとき 作業手順 その1 変数を設定したくないとき

 

上のような図をみてください・

結合されたセルに。Range(“A8”)~Range(“A12”)までを、転記したいと考えています。

 

電話番号を転記したいと思います。

しかし、Range(”A12”)には、無となっています。

つまり、電話番号が、ないということです。

もし、普通に実行すれば、このようになります。

Naosuke
なんか、気持ちわるくないですか?
そう、電話番号_5:無が気持ち悪いです。
無ければ、下記のように記載ですべきです。

 

このようにすべき
電話番号_1:080123456789
電話番号_2:080123456790
電話番号_3:080123456791
電話番号_4:080123456791

以前は、上記のように記載していました。

つまり、電話番号_5:無 を手動で削除していました。

とても、面倒です。

10掛かりませんが、とても面倒です。

 

IF構文と変数を合わせるとき 作業手順 その2 変数で、整形する

 

言ってしまえば、ある時は、値を表示したいが、ある時は、表示したくない。

つまり、条件判定です。

今回は、Range(“A8”)~Range(“A12”)に、無があれば、変数と設定しない。

そうでなければ、変数として設定するという流れになります。

しかも、その転記した内容を、テキストで保存したいということになりました。

Range(“A8”)~Range(“A12”)の値が、無以外だったら、変数を設定するという書き方です。

電話番号_5:無とはなりません。

 

スポンサーリンク
このようになります。

 

IF構文と変数を合わせるとき 作業手順 その3 転記した内容を、メモ帳へコピー

 

 

メモ帳に転記するコードは、3行です。

 

IF構文と変数を合わせるとき 作業手順 その4 無にこだわる理由

 

VBAで、様々なコードを書きました。

しかし、空白には、無と入力しています。

それはなぜかというと、Nullなのか、空白なのかの判定が、難しいときがあるからです。

データベースには、何かしらの値を入れておくことが賢明です。

 

 

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
今回は、変数と、IF構文を同時に利用する方法を紹介しました。
この方法を、思いついてから、コードの幅が広がりました。
もっとも、コールセンターという特殊な業務なので、皆さんに馴染み、無いかもしれません。
しかし、知識は貪欲に覚えてください。
いつか役に立つ日が来るかもしれません。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

2週連続で、ルーティン業務僕滅の内容を紹介しあました。

すこしの発送で、ルーティン業務を僕滅できます。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のサンプルファイルは、No291です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事