在庫管理、または、各メーカーの納品等は、中々1つのテーブルにはまとめることができないものです。

ACCESSには、オプショングループというツールが用意されています。

 

スポンサーリンク

メーカーに毎に、検索フォームのテーブルを変更する

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回紹介する、メーカーによって、検索対象のテーブルを変更することは、競馬で紹介しています。

今回のメリットは、複数条件で検索する場合があると思いますが、そのSQL文は、VBAで複雑な検索条件を、設定する必要がありません。

ほぼ、主キーで検索できるようになります。

ただ、オプショングループを、切り分けることになります。

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • 在庫管理をしている人
  • ACCESSの検索に関して、複雑な条件を設定している人
  • 各メーカーから送られてくるCSVファイルが、グダグダになっている人

このブログを、読み終わるころには・・・・

このブログの結論
オプショングループを利用しても、完全にスッキリするわけではありません。
場合によっては、開発側で、共通項目を設定する必要があります。
但し、一度作成してしまえば、あなたの強力なパートナーとなるでしょう。
スポンサーリンク

オプショングループ

 

いわゆる、ラジオボタンです。

ラジオボタンというのは、複数の選択を、させたくない場合に利用します。

逆に、複数回答をさせたい場合には、チェックボックスを利用します。

今回は、当然、各メーカーなので、メーカー選択は、一択となります。

よって、ラジオボタン、つまりオプショングループを利用します。

 

ショングループ 作業手順 その1 データべ―ス確認

スポンサーリンク
上の図のようなデータベースがあるとします。

当然に、トヨタ、日産で検索をします。

オプショングループ 作業手順 その2 オプショングループを設定

このようにウィザードが起動します。

ラベル名に、トヨタ、日産を入力します。

 

デザインに関しては、ご自身で決めてください。

 

必ず名前を付けましょう。

私は、付けないですけどね。

こんな感じで、表示されます。

大きさを設定するには、結構な手間です。

 

オプショングループ  作業手順 その3 条件判定をする

今回は、全部、DLOOKUP関数を利用しました。

散々、オートルックアップクエリを利用しましょうと言いましたが、

VLOOKUP関数よりも、DLOOKUP関数のほうが、なんとなくですが、利用するシーンはあると思います。

これで完成です。

ここがポイント

 

ここがポイント
Function8.png
今回紹介した内容は、私は競馬で利用しています。
中山競馬場で強い馬、東京競馬場で強い馬というようにしています。
この考え方が重要で、10個の競馬場を、すべてテーブルに、集約するよにも、全然、スマートに活用できます。
オプショングループは、すべてのグループから、1個しか選択できないという特性を活かすことで、
複雑な検索条件等も不要になります。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

 

今回は、競馬で利用しているオプショングループを、会社のシステムに反映させました。

特に、難しい内容ではないと思います。

テーブル、または、クエリが増えるかもしれませんが、コードは、単純明快になります。

 

今回も最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

&
今回のサンプルファイルは、No287です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事