世間では、何かと、ACCESSは敬遠されがちです。

Excelのほうがカンタンですが、ACCESSでも、同じことはできます。

VLOOKUP関数はできませんが、面白い事例を紹介します。

 

スポンサーリンク

Excelでできることは、ACCESSでもできる

 

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今、キャバクラの給料明細を作成しています。

そこでなんですが、Excelの関数で実行できることは、ACCESSでもできます。

ここが重要です。

基本的に、ACCESSとExcelでは、データの並び自体が別だからです。

 

Excelに関しては、縦横無尽になんでもできます。

しかし、ACCESSは、基本的には、横並びです。

縦は、苦手なんです。

その苦手を、どの様にACCESSで克服するかを紹介します。

ACCESSとExcelの違いですが、Excelは、基本的に PowerQurey等を利用しないと、データを貼り足したときに、範囲を再設定しなければなりません。

 

ここが面倒です。

 

ここでも集計クエリが活躍します。

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

 

今回のテーマ
  • ACCESSで会計システムを作成したい人
  • ACCESSでクエリを勉強している人
  • ACCESSのすごさを知らない人

このブログを、読み終わるころには・・・・

 

このブログの結論
ACCESSの醍醐味は、VBAではありません。
クエリで抽出するこが醍醐味なのです。
そのクエリを、理解することがポイントです。
抽出さえできれば、後は、Excelに任せて計算をしましょう。
スポンサーリンク

サブクエリと集計クエリ

 

最近は、競馬のデータベースのみ、作成しているので、実務の技を忘れています。

特に、Excelの関数は言われると思いだしますが、悩むことが多いです。

 

現在、このようなデータベースがあるとします。

同一伝票ID、かつ、同一テーブル番号、かつ、同一日時

ドリンクの総代金

本指名の女の子で等分する

 

その等分した、代金を、I列に表示します。

多分、予備校では、絶対に教えてくれないでしょう。

 

サブクエリと集計クエリ  作業手順 その1 Excelで実行

 

 

こんな感じでしょうか?

しかし、これでは売り物にはなりません。

ここが、Excel関数とVBAの違いです。

VBAは売り物になります。

難易度は、それほど変わりません。

しかし、今回は、VBAは割愛します。

 

サブクエリと集計クエリ 作業手順 その2 Excel関数を、ACCESSで実行

 

Excelチックな考え方、つまり、Excelでは、

 

ドリンクの総代金 ⇒SUMIFS関数で実行

同一伝票ID、かつ、同一テーブル番号、かつ、同一日時⇒SUMIFS関数で実行

本指名の女の子で等分する⇒COUNTIFSIFS関数で実行

 

集計クエリで、売上の合計を作成します。

 

売上の合計を作成

 

スポンサーリンク

本指名を抽出する

本指名をカウント

の辺で、Excelの考え方は終了です。

 

サブクエリと集計クエリ 作業手順 その3 グループ化する

 

グループ化をする場合は、リレーションです。

なんとなくそれっぽくなってきました。

最後に、仕上げがあります。

 

サブクエリと集計クエリ 作業手順 その4 ACCESSでもできた

こんな感じになりました。

サブクエリと集計クエリ 作業手順 その5 サブクエリで一発実行

すべてのクエリが無駄になりました。

こんなこともできるんですね。

ACCESSは。

VBAより感動です。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
Index関数と、Match関数を組合わせて、作動したときは、感動しました。
クエリも組合わせることによって、無駄なクエリを、作成しなくてよくなります。
つまり、メンテナンスが楽になります。
サブクエリに関して、感動した1日でした。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

 

Excelと、ACCESSに関して、どちらが楽でしょう。

絶対にACCESSですよね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回のサンプルファイルは、No296です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事