請求書の作成が、3秒で完了とは、ツリではありません。

各社の請求書をすべて作成したとしても、1分以内でしょう。

スポンサーリンク

請求書の作成など、3秒で完了

 

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は前回の続きになります。

前回は、データベースが正しく作動するか、確認のためランダムなテーブルを作成しました。

このランダムなテーブルで検証することで、のちの作業が、グーンと楽になります。

また、担当者と打ち合わせをしながら、ACCESSの操作や、Excelの操作ができます。

一種のプレゼン効果もあります。

やることは、以前にこのブログ、動画で紹介した内容になります。

おこがましいですが、復習もかねて読んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • ACCESSとExcelの連携をしらない人
  • 請求書の計算をExcelでやっている人
  • 請求書の作成を、もっとスマートに行いたい人

このブログを、読み終わるころには・・・・

このブログの結論
請求書の作成なんて、カンタンと思うはずです。
なんだ、こんなことかと思っていただけるのではないでしょうか?
コードはすべてコピペでできます。
マジでカンタンです。

 

スポンサーリンク

請求書の作成について

 

この請求書の作成は、Excelに基本操作が含まれています。

Excelの基本的な操作で迷う人は、今はそんなにいないと思います。

しかし、この基本操作は、ACCESSにさせることで、もっとカンタンになります。

Excelへ転送コードが、少し難しいかもしれませんが、本当にカンタンです。

ここを乗り越えるとデータベースの楽しさが理解できます。

 

請求書の作成 作業手順 その1 今月分の売上を管理するクエリを作成する。

 

以前にも言いましたが、今月の売上です。

2021年9月の売上ではありません。

今月の売上です。

Naosuke
今月のです

これは、以前紹介しましたので、抽出条件だけ記載します。

面倒ともうなら、メモ帳に記載して、必要な時にコピペしてください。

 

Between DateSerial(Year(Date()),Month(Date()),1) And DateSerial(Year(Date()),Month(Date()),Day(Date()))

 

 

これで今月の売上を抽出できます。

この方法のメリットは、月初に、新しいクエリを作成する必要はありません。

どこまで言っても、今月は、今月です。

請求書の作成 作業手順 その2 各社の今月の売上を作成する

 

オートルックアップクエリの次に、便利と感じる集計クエリの出番です。

先ほど作成した、Q_当月の売上をもとに、各社の売上を集計クエリで作成します。

 

操作をするのは、この赤枠のみです。

単純に選択して、販売先の抽出条件に、販売先の名前を入力することです。

たったこれだけです。

クエリは、別途作成しなくても、コピペで、複製を作成して、販売先の抽出条件を変更するだけです。

Naosuke
これもマジでカンタン

請求書を作成する 作業手順 その3 ACCESSからExcelへ転送する。

 

着目すべきは、getTougetuです。

この部分を変数にすることで、クエリを書き換えなくで済むのです。

ちなみに、この知識を利用して、15万円稼ぎました。

Naosuke
競馬のソフトです

ネット上で掲載しているのは、私だけかもしれません。

下記の記事を参考にしてくだささい。

 

セルA3に、当月を合体させます。

請求書を作成する 作業手順 その4 各明細をExcelに反映させる

 

このように、取り込んだ当月の売上は、Sheet2に反映されます。

これを、Sheet1の明細へ反映させますが、Sheetを切り替えるのは面倒です。

同じ画面が表示されます。

向かって右側のExcelで、Sheet2を選択します。

Sheet2を見ながら、Sheet1を操作できます。

これで完成です。

Naosuke
ちょっと待った

請求書を作成する 作業手順 その5 エンドユーザーに花を添える

 

会社名がなければ、エラーになります。

ここで、デバックが出ては、意味がありません。

Naosuke
これがコードに花を添えるということです。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
請求書の作成は、思ったよりカンタンだと思います。
クエリの選択と、最後の、デバックが起きないようにエンドユーザーに花を添えることが重要です。
その気配りがあれば、きっと、あなたのセクションの人と、うまくリレーションの設定ができます。
そう、周りの人間と手をつなぐということです。
ACCESSで、一番勉強になったのは、データベースでもなく、オートルックアップクエリでもなく、
周りの人と手をつなぐということです。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

 

このブログを読んでいただければ、請求書関連の質問は、世の中から撲滅できると思っています。

Excelと、ACCESSの最強のタックコンビを侮ってはいけません。

ぜひ、皆さんの業務に役立ててください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のサンプルファイルは、No256です。

毎日の業務が、3時間短縮できます

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

初心者でも、すぐに、集計、プレゼンができるようになる。書籍だけの勉強は今すぐやめよう!
電子書籍で、AMAZON1位
専門のスタッフが、電話、チャットで完全サポート
大手パソコンスクールよりも、圧倒的な低価格

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事