システムから吐き出した、なんとなく長いメモ等があります。

コールセンターでは、当たり前ように、このメモの正誤判定をしなければなりません。

この作業が面倒です。

もし、この長いメモを分割して、IF関数で判定できたら、いいなと思ました。

Excelって改めて思うがすごい

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

この頃、競馬のアプリ開発で、結構VBAは利用しているのですが、なかなか紹介できるコードがありません。

そんな中、仕事で困っている事務員さんを、助けようかなと思い思いつきました。

配列が絡んできますが、とても簡単です。

Spirt関数を利用して、改行毎に、セルに書き出します。

一旦セルに入力してしまえば、正誤判定は、IF関数、Exact関数を利用すれば、秒で終わります。

このAIが発達している時代に、人海戦術で、目検は古いと思うのは私だけでしょうか?

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • ExcelでVBAを勉強している人
  • Excelで配列を勉強している人
  • Excelで業務効率化を目指している人

このブログを、読み終わるころには・・・・

配列というとアレルギー反応を起こす人がいますが、Spirt関数を利用する場合は、避けて通れないのが、配列です。私も、それほど得意ではないですが、今回はカンタンなコードです。

Spirt関数

Spirt関数を利用して、文字を分割すると、結果は、配列に格納されます。

【,】【空白】【-】【_】(カンマ、空白、ハイフン、アンダースコア)なんでもいいです。

【あ、A】この2つの値を、Spirt関数で分割した場合、あ、Aは配列に格納されます。

なので、配列の知識がないと、利用できないが、一筋縄でいかないところです。

しかし、今回は、たった4行のコードです。

改行コードで分割 作業手順 その1 Excelを確認


このような、セルが、私の会社で、あるあるです。

社員が作成するメモ、システムが吐き出すメモがあります。

この2つの内容につき、メモ帳で正誤判定するのは、本当にキツイです。

改行コードで分割 作業手順 その2 このセルの文字数は何文字?

普通は、2文字と思いますが、3文字なのです。

Excelが、バグっているわけではありません。


知らなかった・・・・・・

これは、Offece田中の、田中先生の動画で知りました。

こんな理屈になっているとなんて、感動しました。

ってことは、vbLfの改行コードを、Sprit関数を利用して分割できそうだなと思いました。

こんな、ひらめきがいつも沸いてくるといいのですがね。

このコードも原理原則なのでしょうね。

改行コードで分割 作業手順 その3 分割のコード紹介


たったこれだけのコードで、分割できるとは、今までの苦労は何だったのか?

実行結果を見た時の脱力感は、ハンパなかったです。


ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
最近は、配列など、何もしない状態で、ひたすら、統計を勉強していました。やらないと、適当に忘れていきますので、やっぱり勉強はバランスですね。

動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

今回は、久しぶりに、ExcelのVBAで、しかも配列を紹介しました。

そんなに、配列は得意ではないですが、せめて、Sprit関数を利用するときくらいは、スラスラコードが記載できたらいいなと思いました。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のサンプルファイルは、No218です。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
サンプルファイル
VBAを勉強中の悩みを解決
  • なんで動かないの?
  • もうやだ!
  • どこにも情報がない!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事