メーカー勤務等、部品などをお客様へ提示するとき、分厚いファイルで、顧客訪問しますか?

それもいいかもしれませんが、ACCESSはデータベースです。

ACCESSが、タフなカタログに変身する方法を紹介します。

ACCESSは、カタログにもなる? フォームに画像を表示

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

このチャネルを開始して。本当に初めのころに、ExcelのVBAで画像をExcelに表示する方法を解説しました。

なぜか、あの2本の動画はブログにしていません。

それは、あの頃は、私も、そんなにスキルがなく、コードも酷いですが、

Excelで、画像を表示するのは、個人的に、あまりお勧めしません。

理由は割愛しますが、端的にいうなら、Excelは、データベースに向いていないからです。

分厚いカタログを持参するより、パソコンでかっこよくプレゼンしましょう。

このブログはこんな人にお勧め

今回のテーマ
  • 写真付きで、データベースを管理したい人
  • 写真付きの研修資料を作成したい人
  • ACCESSは画像も管理できることを知らない人

このブログを、読み終わるころには・・・・

写真付きのデータベースを作成するとこができます。ACCESS2007以降では、テーブルにファイルを添付することもできるのですが、私は、今回紹介する方法が好きです。

また、写真の特定方法も相対パスで書いていますので、フォルダを移動してもパスが変わりません。

カタログ用、研修用で、独立したフォルダで管理するほうがいいと思います。

なにもわざわざACCESSでやる必要があるのか?

おっしゃる通りです。

もし、許させるなら、MySQLを使ってブラウザでやったほうがいいと思います。

しかし、XAMP等をインストールできるならいいのですが、会社のパソコンをカスタマイズするのは、お勧めしません。

なんせ、会社のものだから。

そういうわけで、ACCESSでやりたいと思います。

部品メーカー勤務の方にお勧めの内容です。

代用品として、今回は、私のブログのアイキャッチ画像で説明します。

ACCESSをカタログにする 作業手順 その1 準備


スポンサーリンク

フォルダを作成します。

その中に、ACCESSのファイルと、写真の管理するフォルダを作成します。

今回は、フォルダ名をサムネにしています。

サムネというフォルダの中に画像を管理します。


上の図のように、画像に名前をつけで管理します。

ACCESSをカタログにする 作業手順 その2 データベースとフォームを作成

データベースは上記のようにしました。

画像のファイル名を主キーに設定しています。


そして、上記のようなフォームを作成します。

画像をフォーム上に表示しますので、少し細工します。



他のテキストボックス等の設定は、割愛します。

ACCESSをカタログにする 作業手順 その3 VBAのコード

String型の変数を利用するときは、Nullの時の処理を書きます。

Nullの使い方が、正しくありませんと、エラーがでます。

String型を利用するときには、注意しましょう。

Dir関数は、指定したパターンに一致するファイルやフォルダのパスを返します。

カンタンにいうと、呼び出したいファイル名がなければ、サムネを表示させないという当たり前のコードを書いています。

DoCmd.ApplyFilter , “[サムネ名] ='” & Me!サムネ検索 & “‘ ”

このコードは、 サムネ名、公開日時、ブログの題名を検索してフォーム上に表示しています。

その他のコードに関しても割愛します。

動画の中でも、他のブログでも解説済です。

レコードの保存コードと、フォームが起動したときに、imgの画像を消すコードです。

動画の中で、解説していますので、参考にしてください。

ACCESSをカタログにする 作業手順 その4 完成図

このように完成しました。

今回は、ファイル名が、9個しかないので、プルダウン形式にしました。

しかし、メーカーさんで勤務している方でしたら、品番等は、たくさんあると思います。

品番検索のフォームを、別途作成して、検索結果を今回のフォームに転送するというようなことも必要でしょう。

そのことに関しては、最強の選択フォームを参照してください。

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
いつか紹介しようと思い、先延ばしにしていました。もちろん、このようなことは、Excelのユーザーフォームでも作成できます。しかし、ACCESSのほうがカンタンですね。そして、相対パスの書き方を忘れないでください。myFileName = CurrentProject.Path & “\サムネ\” & Me!サムネ検索このように記載することで、写真も、ACCESSもすべて同一フォルダで管理できます。パスが外れて、検索しても、画像が表示されないということを未然に防いでいます。
動画とブログでわかりやすくExcelとACCESSを紹介しています

まとめ

今回は、ACCESSをカタログにするということを紹介しました。

この手の方法は、色々な方法がありますので、使いやすいものを選択するといいでしょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回のサンプルファイルは、No210です。

サンプルファイルを購入希望の方はココをクリック
ネットや基本書で調べるはやめてください

わからない事を延々と考えるのは、無駄です。

  • なんで作動かないの?
  • もうやだ!VBAなんか嫌い!
  • ネットで調べても情報がない!

必ず作動するコードが、ここにあります。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事