PowerQueryでデータを一瞬で読込

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

今回は、大量データを一瞬で読み込みます。

比較するのは、従来の読込機能で比較します。

動画では、38,000といいましたが、65,000になっています。

今回は、そんなに役立つ内容ではないかもしれません。

ただし、yahooの知恵袋では、結構よく見かける質問です。

スポンサーリンク




大量データを読込 作業手順 その1 データベースを確認


メモ帳に上の図のようなデータがあります。

競馬のデータです。

さすがに65,000件のデータともなれば、開くにも、20秒くらいにかかります。

私のPCは、メモリ32Gを搭載していますが、結構の時間です。




大量データを読込 作業手順 その2 従来の機能でデータを読込

この方法で取込をします。


時間にして30秒くらいの時間がかかりました。




大量のデータを読込 作業手順 その3 PowerQueryで読込

文字化けしていますが、上のような画面がでます。




わずか5秒でした。


文字化けに対しては、なしを選択すると解消できます。




ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
PowerQueryを使うと、Excelをまるで、ACCESSのように扱えます。Excelは世界一頭の電卓と紹介しましたが、ACCESSの機能を兼ね備えた感じです。

 




まとめ

大量のデータを扱うには、PowerQueryのスキルがあると便利です。

今回のサンプルファイルは、No49です。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事