WorkSheet関数で配列を使う その2

こんにちは。伊川(@naonaoke)です。

VBAの配列ではなく、WorkSheet関数で利用する配列を照会していきます。

配列を知っているメリット
作業工程を短縮することができます。
作業セルを使わなくても処理ができます。
類似部分をまとめて数式をカンタンにできる。
不可能な計算を可能にする。

今回は、COUNTIF関数について説明します。


スポンサーリンク
COUNTIF関数のみの説明は上の記事を参照してください。

配列 COUNTIF関数編

COUNTIF関数で、配列を使うデメリットは、

配列を知っている人がいなければ、修正時にバグります。

COUNTIF関数単独で利用するほうが便利です。

しかし、配列というものを理解するうえでは非常にメリットがあります。

イメージ的にいうと、高校数学で勉強した行列に近いと思います。

配列 COUNTIF関数編 作成手順その1 データベース確認


上の図の人が、何人いるのかをCOUNTIF関数で表現します。

配列 COUNTIF関数編 作成手順その2 COUNTIF関数のみで実行


配列 COUNTIF関数編 作成手順その3 配列と比較する

配列 COUNTIF関数編 作成手順その4 配列を使う意味は?

今回は特にありません。

しかし、配列を理解するために必要な工程です。

配列の面白さは、おいおい紹介したいと思います

ここがポイント

ここがポイント
Function8.png
まだ、配列の面白さは伝わらないかもしれません。しかし、今紹介しているのは、まるで、九九のようなものです。どんなに難しい計算でも、九九を使わないことはないと思います。

 

まとめ

次回はもっと面白い技を照会したいと思います。

基礎から一緒に伊川と勉強しましょう。

今回のサンプルファイルは、ありません。

サンプルファイルの購入
ブログが動画で紹介した内容のサンプルファイルを
購入できます。月額3,000円です。
練習用ファイルもダウンロードできます。
PayPal経由でお支払いでます。
ダウンロード回数に制限はありません。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事